このブログは、私shioと、現在、大平に暫定滞在中のsuwaが気ままに書いています。
書き手が複数人おりますので、コメントなどをいただきます場合、投稿者をご確認ください。

2008年10月22日水曜日

昔の人はえらい!

今日から本格的に大平現地調査に入ることになりました。
お手伝いしてくれるのは、津島町でカメラ屋さんをしていた網さんと、市内の亀ちゃん、そして津島の松ちゃんです。

まず初めに、津島支所で打ち合わせをして、現地へ。なっその収穫がはじまったなっその田んぼを覗きに行きました!
昨日は、保存会の方々も助っ人に来ていたそうなのですが、今日はT島さんが、ぼちぼち機械を使ってます。そしてそれを見た亀ちゃん、うずうず。乗ってみることに。


操作方法を教えてもらって、少し動かしたのですが、見ている方がひやひや(笑)この後、松ちゃんも乗って記念写真とっちゃいました。そうなんですよね。こういうのに乗ることも操作することもないから、珍しいんですよ。

ちなみに、若い二人は、これもわかんなかったみたい。ややジェネレーションギャップを感じるなぁ・・・。なんだかわかります?


正解はカマキリの卵でした。
それから、大平のメイン集落から少し離れたところにあるS家さんちへ。わんちゃんがお出迎えしてくれました。
とか、のどかな感じじゃなくてですね!ほえられるほえられる!!全部で四匹のわんちゃんがいたのですが、一匹が出産後日が浅いとのことで、ことさらほえられました。でも、ご主人の客だとわかると、静かにしてくれます。田舎のわんこはみんな賢い♪そしてかわいい。
なんて立派な庭木!と思ったら、新婚旅行で宮崎に行ったときにホテルでもらったのだそうです。つまり結婚記念樹。40年になるそうですよ!っていうか、育ちすぎでしょ~。
S家さんちでは、お二人にお話を聞いたのですが、昔は、機械がないから、牛を飼って、田んぼ作業をしていたとのことで、荷駄牛というのもいたのだそうです。その荷駄牛くんが、すごく賢くて、下でお酒を飲んで帰ってくるS家さんちのおじいさんをちゃんと連れて帰ってくれてたとのこと。手放すときは、大豆をすって汁にして、あげたんだそうですが、牛も別れがわかるのか涙涙だったそうです。
他にもたくさん、いいお話を聞かせていただきました。しかし、昔のお百姓さんはとにかくえらい!しかもすごく物が循環してる生活だったんですねー。
ちなみにS家さんは、下の人に「丸太小屋たったんとなー」と話しかけられたそうで、まだたってません!!まったくもう・・・津島の人は、お話大好きなんだからー!!!(笑)
まだ場所もきまってませんよ!!
それに加えて、人がいろいろ入ってきて、大平が大平らしくなくなってしまうのが不安とのことで、それは私も一番不安に感じているので、なるべく自然な形で、地元も助っ人も交流できて、今の景観や雰囲気を壊さないように心がけて頑張ります。

続いて、26日にほごろ作りをさせていただく予定のK島さんちを覗きました。
今日はきのことりに行ってたんだそうです。大漁♪

おかまいなくと言ったのですが、ものほしそうな顔してたらしく、きのこの味見をさせていただくことに。
これがまぁ、触感が「肉!」美味しかったぁぁぁぁぁ。
そして、前回、亀ちゃんから、噂をきいたポン菓子大好きの松ちゃんリクエストにお答えして、また巨大雛あられをいただいてしまいました。でも、五右衛門風呂を見せていただいている間に、半分がゴンちゃんの胃に。
この日はおへんろさん用にかもだの市でとうまんを買っていってたので、それをゴンちゃんにあげようと思っていたのですが、あっという間になくなったし。ゴンちゃん・・・・ちょっと食いしん坊ですよ・・・。
おっと、食べるのが目的じゃありません。「ほごろ」を作る日程を聞くのが目的でした。
っていうかですね、実は二人には「ほごろ」がどんなもんかわからなかったっていう、ごく初歩的な問題もありまして、二人のために、見せてくれました。綺麗にあめてます。
K島さんの弟さんは、竹篭を作られているそうで、こちらもすごい綺麗!!器用な姉弟ですなぁ。
ほごろ作りは、26日朝からがっつり頑張ります!

2 件のコメント:

picasso さんのコメント...

ペットボトルの甘酒、ノリになっていませんでしたか?
フォーラムより、ホゴロつくりの方が楽しそうだな!

uwajima-R さんのコメント...

楽しかったでーす。
ちょっと薄めてあっためていただいてます。
体がほこほこして美味しいです。